ごあいさつ

診療時間

HOME NAVI

HOME NAVI

HOME NAVI

受付時間

受付時間
8:30 - 12:00

14:30 - 18:00
△ 水曜・土曜は午前のみ 8:30から12:30まで
休診日:日曜・祝祭日

検査

▶︎胃内視鏡検査

オリンパス社製の最新の直径5㎜という細い内視鏡を導入いたしました。非常に細いため経鼻は勿論、通常通り口から 挿入いたしましてもほとんど苦痛はありません。また特徴といたしましてNBI(Narrow Band Imaging:狭帯域光観察)という特殊光を用いての 観察をすることが可能で、これにより「がん」が浮かび上がって見えるため、早期の癌の発見がしやすくなっております。

▶︎全大腸内視鏡検査

肛門から盲腸までの内視鏡の挿入と観察を行います。胃内視鏡と同様にNBI、さらに拡大内視鏡機能も装備いたしましたので、 粘膜表面の微細構造や毛細血管の微細な変化を捉えることができ、やはり早期の大腸癌の発見がしやすくなっております。また炭酸ガス送気装置の 導入により検査中、検査後のお腹の張りや痛みを大幅に軽減します。

  ▶︎HbA1c測定装置
  HbA1cを5分で測定できます。したがいましてその場で内服薬や、インスリン量の変更を行うことができます。
 

▶︎カラードップラー付き超音波診断装置

1)

心エコー~心臓の大きさや動き、血液の流れなどを見るもので心臓の検査にはかかせません。 これにより虚血性心疾患、弁膜症、心筋症、心不全などの診断を行います。

2)

腹部エコー~肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、膀胱などの病気の発見に用います。

3)

その他~頸動脈などの血管を観察し、動脈硬化の程度の評価や脳梗塞の危険度などを判定したり甲状腺の病気の診断にも有用です。

▶︎ホルター心電図

24時間装着する心電図です。症状があっても来院された時には落ち着いており、心電図をお撮りしても異常が見つからない場合があります。このため小さな機械を身につけていただいて24時間心電図を記録することにより不整脈や狭心症を見逃しません。

▶︎一酸化炭素測定装置

禁煙外来で使用します。喫煙は多くのがんや生活習慣病の危険因子です。このような病気にならないために今のうちに禁煙を。

▶睡眠時無呼吸症候群簡易検査

睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に呼吸が止まったり浅くなったする病気で様々な生活習慣病の合併を引き起こします。ご自宅でセンサーを取り付け血液中の酸素、呼吸状態を測定し、10秒以上の無呼吸・低呼吸の1時間当たりの指数(AHI)を算出し治療が必要かどうか診断いたします。

▶︎血圧脈波検査装置

動脈の硬さと動脈の詰まりの程度を測定することにより、動脈硬化の程度を測定します。またそれをもとに血管年齢を算出します。

▶︎スパイロメーター

気管支喘息の状態やCOPD(肺気腫など)の診断に威力を発揮します。タバコを吸っている方は是非一度お受け下さい。

▶レントゲン検査

電子ファイリングシステムにより、即座に結果の確認が可能です。

医院の様子 ※写真をクリックすると拡大されます

クリニック外観 受付・待合室

待合室 診察室

レントゲン室 内視鏡室

totop